資金を効率的に使おう!信用取引をするメリット

約3倍のレバレッジ効果!

信用取引とは、預けた資金を担保に証券会社からお金を借りて行う取引になっていますので、証券口座の金額以上の取引が可能になります。100万円の資金を預けていると、約3倍の300万円までの株式を売買できるようになりますので、より多くの利益を狙ったトレードができるのです。FX取引ではレバレッジ25倍まで自己資金以上のトレードが可能になりますが、値動きによっては大きな損失を被る恐れがありますが、FX取引と比べると信用取引の場合はレバレッジ3倍ですので比較的安全だと言えるでしょう。

売りから始められる取引!

信用取引では預けた資金の3倍の金額で株式売買できますが、売りから始めるトレードができるという点も特徴的です。これは空売りと呼ばれる取引となり、証券会社から借りた株式を先に売却し、値下がりしたタイミングで借りた株式を買い戻せば差額が利益になるという仕組みになっています。通常の証券会社の口座では空売りをすることはできませんので、信用取引口座を開設するメリットの一つと言えます。空売りができるようになれば、業績の悪い会社の株価が下落していく過程で利益を得られるという利点があるのです。

株主優待の権利だけを狙う!

空売りのトレードができるようになれば、株価変動のリスクをなくして株主優待の権利だけを得ることも可能になります。現物株で株主優待の権利が得られる株数を購入しておき、同数で空売りを同じ株価で行うと、株価の変動による損失は解消されますので、純粋に株主優待の権利だけが得られますよ。少しの手数料は発生しますが、株主優待の内容が良ければ、ほぼノーリスクでメリットが得られますので、信用取引ならではの効果的な投資手段だと言えるでしょう。

信用取引をする際には、まず口座を作らなくてはなりません。会社によって取引手数料等のサービスが違うのでよく比較してから会社を選ぶ必要があります。