事故破産について知っておきたいこととは!?

事故破産とは一体何か

自己破産という言葉を知っている人は多いと思いますが、実際に自己破産をした人が周りにいる人は少ないと思います。自己破産とは、借りたお金を返すことができなきなった場合に、債務をチャラにして、その代わり家や車・現金などの自分の財産も手放さなければならない法的な処分のことを言います。例えば、借金が1000万円で収入が10万円しかない場合は返済は不可能ですので自己破産の道を選ぶことができます。自己破産を自己破産とは自分にとって身近でないようで借金をしている人には実は身近なことが多いのですね。

自己破産したらどうなるの?

自己破産は借金をして返せないほど借金が膨らんでしまった人のための救済手段ですが、もちろん自己破産をする前に何とかするのが一番ですね。自己破産をする場合には車や家などの財産を投げ出さなくてはなりませんのですべてが終わってしまうという心配もあるかもしれません。お先真っ暗な感じがするかも知れませんが、実際には最低限の生活は守られるように憲法で決まっていますので、そこから再び立ち直ることも可能になります。

弁護士を雇うという選択

自己破産をする場合にはふつうは弁護士を雇うことになりますね。ですが、弁護士を雇う場合にはなんだかすごくお金がかかってしまうイメージがあるため弁護士に頼みにくいというイメージがあるのではないでしょうか。ですが、弁護士も自己破産をする人はお金を持っていないということを知っていますので、大金をとるということはありません。むしろ弁護士を雇ったほうが最終的には手元に残るお金が多くなる可能性が高いですので、弁護士は雇うべきですね。

自己破産を行うことで、借金が基本的に無くなります。消費者金融からの取り立てもなくなりますので、第二の人生が踏み出せます。

個人再生の方はこちら
任意整理はこちらから