ゲームの専門学校でプログラミングが学べる!

ゲームだけじゃない!

皆さんは、ゲームの専門学校というとどのようなことを考えるでしょうか。ゲームを作るための技術を学ぶことができる場所。プロのゲームプレイヤーになるための場所。このように考えてる方はたくさんいますよね。実はこれだけではないのです。プログラミングについても学ぶことができるのです。ゲームの専門学校といわれると、ゲームのことについて考えてしまいますが、こういうこともしっかりと学ぶことができるのです。しかし、ゲームとの関係性はあるのでしょうか。

ゲームもプログラミングでできている!

皆さんは、日常生活の中で、パソコンやスマートフォンを利用することが多いですよね。パソコンではソフトウェアをインストール、スマートフォンではアプリをインストールすることで、より便利にパソコンやスマートフォンを利用することができます。実はソフトウェアやアプリなどはすべてプログラミングで作られているのです。ゲームもプログラミングを使って作られています。プログラミングを習得するということは、自分でゲームを作ることができるということになるのです。

会社で採用されやすくなる!

ゲーム会社に入社したいときに、ゲームの専門学校を卒業していると採用される可能性があがります。なぜでしょうか。それは、すぐに仕事に取り掛かることができる人材だからです。ゲームの専門学校で、プログラミングの勉強をしたのであれば、すぐに現場でプログラミングを活用してゲームを作ることができます。このようにゲームの専門学校を卒業していると、ゲーム関連の職業に就職しやすくなるのです。また自分の生活の中で、学んだプログラミングを活用し、便利なソフトウェアやゲームを一人で開発することもできますよ。

ゲームの専門学校にはキャラクターデザイン・CG・プログラミング・3DCGなど数多くの学科があり目指す学科を入学前に考慮します。