税理士試験は頭の良さではない!努力と工夫が決めて

勉強時間の確保ができなければ話にならない

税理士の資格を取得するためには勉強時間の確保は欠かせません。なぜなら、税理士試験は科目合格制であり、選択必修科目の所得税法と法人税法の標準勉強時間が年600時間だからです。一日に換算すると平均2~3時間は必要になります。それでは社会人が簡単に勉強時間を確保できるのでしょうか。基本的に社会人は自由時間の制約を受けます。第一に残業を避けることはできません。第二に会社の付き合いで退勤後の勉強時間が確保できないリスクがあります。第三に仕事の繁忙期には休日出勤を求められるケースがでてきます。したがって、社会人には勉強時間を確保するための工夫が必要になります。ではどう勉強時間を確保すればよいのでしょうか。最初に休憩中や通勤などのすき間の時間を有効活用することです。ついで、仕事を効率よくこなして残業や休日出勤を減らすことです。とくに仕事の目標終了時間からスケジュールを組み立てるタイムマネジメントは欠かせません。その後、会社の付き合いが本当に必要かどうか見直しましょう。言い換えると勉強時間と会社の付き合いのどちらが重要なのかを天秤にかけることです。社会人は知恵を振り絞って勉強時間は確保しましょう。

税理士試験はメンタル面が試される

税理士試験は科目合格制を採用しています。しかも、いちど科目合格すると永久保存できるので、勉強時間の確保が難しい社会人も手軽に参加できます。しかし、そこには落とし穴があります。なぜなら、勉強期間が長期にわたり、途中で挫折する人が多いからです。事実、税理士試験に五年以上費やして合格しても、周りから評価されます。税理士試験の科目合格率は種目に関係なく十パーセント前後です。したがって、競争受験だといえます。だから、受験生の答案内容に差をつけるために難易度は増す傾向にあります。それにしても、挫折する確率が高い税理士試験に多くの人が挑戦するのでしょうか。最初に受験動機に問題あることが考えられます。その背景には専門学校はセールス文句として税理士の将来像によいことしか載せません。つづいて、科目ごとに一年スパーンで授業を展開しますが、専門学校のスタンスは最初やさしく、受験の直前期になって厳しい対応をします。すると、受講を申し込む人が、途中で挫折して授業に出席しなくなる人が多いのが現状です。結局、税理士試験に合格するためには相当の覚悟が必要になります。地に足をつけた目標設定でモチベーションを保ちましょう。

税理士試験は出題の意図の理解と的確な解答がすべて

税理士試験でいちばんネックになるのはケアレスミスです。専門学校でもケアレスミス対策の講義が行われるほどです。年に一度の試験だけに神経を尖らせるのは無理もありません。事実、出題された問題文のあるキーワードを見落としたばかり不合格になるケースはよく見受けられます。ケアレスミス対策はとても難しいです。理由は三つ挙げられます。第一に、勉強量とまったく因果関係がありません。いくら知識を積み重ねてもケアレスミスを完全になくすことは不可能です。第二に、試験当日は緊張して実力を発揮できない点です。なぜなら、年に一度だけのイベントであり、試験会場も慣れない場所だからです。第三に、出題させる量は試験時間の二時間では解け切れないほどなので、焦って問題文を読み飛ばす点です。ところが専門学校の講師が調査した結果によると別の事実が浮かび上がってきます。まず、出題者の意図を読み取れないために的外れの答案を作成する点です。つぎに、一年間かけて覚えた知識をただアウトプットするだけで、問題の解答になっていないケースがあります。税理士試験は出題者の問いに答えないと合格できません。そのためには問題文を読解力が要求されます。

税理士の講座では試験の対策もしっかりと行うことが出来るので、資格の取得の為の勉強も効率的に可能です。