弁護士の仕事内容はどういったものか?真相に迫る

法律知識を活用し社会に役立てる職業

弁護士と言えば、収入が高く頭が良い人がなるというイメージが、一般に持たれています。しかし、具体的に法律分野において何をしているのか、イメージがわくでしょうか。おそらく、わからない人の方が多いでしょう。そこで、弁護士の仕事について紹介します。弁護士は、法律知識を活用し、依頼者の代理人となって訴訟行為を行ったり、法律知識を提供して、法的紛争を未然に防ぐ活動をしています。ドラマなどで描かれる、法廷で活躍する弁護士は、前者の側面が強く、一般的にもイメージしやすいでしょう。

紛争を未然に防ぐためにも活躍する

紛争を未然に防ぐためにも、社会における弁護士の役割は、たいへん重要なものとなっています。例えば、企業間の取引において、契約を交わす機会がありますが、その契約書の作成にもかかわっています。契約は、私的自治の原則が働き、合意した点は守られなければなりません。しかし、その合意が効果を発揮するためには、書面に残しておく必要がありますし、内容が適切なものでなければなりません。この点があいまいであったり、一方に不利である場合には、のちに紛争となる可能性を残します。そこで、あらかじめ契約書の作成にかかわり、その内容が適切なものとなるよう関与しているわけです。

訴訟以外の解決方法を模索することもある

紛争が起こり、訴訟に発展してしまえば、解決に時間がかかります。また、当事者双方とも、訴訟に持ち込むことを、不本意に感じる場合もあります。そういった時は、弁護士は一方当事者の代理人となり、訴訟外で話し合いによる決着を図る場合もあります。これは、和解と呼ばれるものです。これがなされることで、いたずらに事態を拡大させずに、解決を図ることが可能となります。このように、弁護士は、その時々に最善の手法を用いて、法的紛争を解決したり、未然に防止したりと、社会にとって大変重要な役割を果たしている職業なのです。そのため、法的トラブルに遭遇したら、頼ってみるのも良い選択でしょう。

鹿児島の弁護士では、ストーカー被害や夫婦の離婚調停、借金の返済など多くの悩みに対して対応してくれます。